読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ガスと九州電力が提携を開始

九州電力株式会社と東京ガス株式会社がLNG調達において戦略的な連携を始めました.

具体的な検討内容は

1.LNGの調達や輸送面での協力関係を構築し、両社が保有するリソースの弾力運用を行うことにより、より柔軟で機動的な調達やコスト低減を実現する

2.緊急時を含む融通協力の関係深化により、更に供給安定性の向上を図る
東京ガス : プレスリリース / 九州電力と東京ガスによるLNG調達における戦略的連携について

とされています.

しかし,その実のところは
JERA(東京電力中部電力が共同で設立した火力発電事業を行う株式会社)に対抗するための苦肉の策だと言えます.

JERAの年間輸入LNG量は3500万トンであるのに対して,
東京ガスの年間輸入LNG量は1400万トン
圧倒的な差があります.


このままガス自由化が始まった場合,
圧倒的な規模でLNGを輸入し低価格を実現するJERAによって
東京ガスは多くのシェアを奪われかねません.

そのため,九州電力と協力することで大量輸入による薄利多売で何とか対抗していこうとしているのです.
今後のガス業界は

のような構図に収束していくと思います.

自由化を促したはずなのに,
新規事業者がほとんど価格競争に勝てず
2大グループに収束してしまうのは残念ですね・・

それでも東京ガスだけの場合よりは自由化による競争で価格は低下するはずなので,
消費者にとって良いことであるのは変わりありません.

そもそもガス事業も電力と同様に安定性がとても重要であり,
また電力に比べ発火危険性を十分に考慮する必要があるので,
そのノウハウを持たない新規事業者がいきなり入っていけるような業界ではありません.
また,消費者もわざわざ危険を冒して新規事業者を選ぶようなことはまずないでしょう.

果たしてガス業界を取り巻く状態はいったいどのように変遷していくのか.
目が離せませんね.
東京ガスについてはこちらに詳しく記述してありますので,
興味があればぜひご覧ください.

k-true.hatenablog.com