オリンパスの今後-就職先としてあり?なし?【就活・企業分析】

オリンパス株式会社(Olympus Corporation)

カメラや内視鏡で有名な企業ですが,
実際業績などはどうなっているのか.

就職先としてどうなのか見ていきましょう!

オリンパスとは?

創業:1919年
本社:東京都新宿区
売上高:7,481億円
従業員数:34,687人
事業内容:精密機械器具の製造販売
企業理念:オリンパスグループは生活者として社会と融合し、価値観を共有しながら事業を通して新しい価値を提案し、人々の健康と幸せな生活を実現していきます。この考え方をSocial IN(ソーシャル・イン)と呼び、すべての活動の基本思想としています。
会社概要:会社案内:オリンパス

顕微鏡事業から創業しただけあって創業年が想像した以上に昔でした.
もうすぐで創業100年を迎える老舗企業なのですね.

しかもカメラ事業がまだ経営の中核を担っていると思ったら,
時代は変わっているのですね(笑)
現状の売上比率は次のようになっています.
f:id:k-true:20170903150848p:plain
https://www.olympus.co.jp/company/profile/pdf/profile_jp_2017.pdf
なんと映像事業は8.8%しかありません!
びっくりです.

しかも映像事業の売上は年々減少してきており,
体制のスマート化から事業の黒字化には成功しているものの
市場縮小に抗う術もなく売り上げ比率は年々減少しています.

現在オリンパスの中核を担っているのは
医療事業
です.

オリンパスの強み自体もここにあり,
内視鏡が特に優れいています.
売上高の比率で言えば,全体の45%ほどを稼いでいます.

しかも,すべての地域において素晴らしいシェアを誇っています.
f:id:k-true:20170903152121p:plain
https://www.jpo.go.jp/shiryou/pdf/gidou-houkoku/26_1.pdf
世界のおよそ半分の市場を確保していると言えるでしょう.

しかも,2015年においては内視鏡シェア70%以上を確保しているようです.
https://www.olympus.co.jp/ir/data/pdf/plan_16csp_04.pdf

まさに内視鏡のリーディングカンパニーです.
また,もう一つの強みとして,グローバルに経営を行っていることが挙げられます.
f:id:k-true:20170903152804p:plain
https://www.olympus.co.jp/company/profile/pdf/profile_jp_2017.pdf
日・米・欧・アジアとバランスの良い売り上げ比率を維持しています.

逆にオリンパスの弱みは売上高が伸びなやんでいることがあげられるでしょう.
f:id:k-true:20170903153222p:plain
https://www.olympus.co.jp/company/profile/pdf/profile_jp_2017.pdf
ここ数年はずっと横ばいな状況が続いているのが分かると思います.

ただ全体的に見れば横ばいではあるものの,
減収要因としてカメラ市場の縮小と円高が挙げられます.
逆に医療事業は着実に成長を続けており(2017年度は円高の影響でマイナスに転じましたが),
そこまで強いネガティブ要素ではないと思われます.

オリンパスの今後

オリンパスは中期経営計画を発表しており,
中期経営計画:IRライブラリー:オリンパス
その中で,主に次のようなことを行っていくと発表しています.

  • 2021年に売上高11,000億円の達成
  • 医療事業:「早期診断」「低侵襲治療」を軸に拡大し収益力を強化.(6,150億円→9,000億円)
  • 映像事業:市場縮小に伴う人材の他事業転用
  • 科学事業:従来通り

とにかく医療事業分野で頑張るぞ!という感じですね.
映像事業はもう小規模経営に転換し,規模より利益率を求める方針となります.
したがって,カメラを作りたいんだという方はオリンパスを選択しない方がいいかもしれません.
おそらくそのうち内視鏡分野に異動になります.
もしかしたら,映像事業そのものの買収案件も上がるかもしれませんね.


医療事業は6150億円から5年で9000億円とする大胆な目標を掲げましたが,
現状を見てみると少し厳しいかもしれません.
8000億円ほどで落ち着くのではないでしょうか.

ただし,今後は中国や東南アジアといったまだまだ医療事業のポテンシャルがある市場の発展が見込まれますので,未知数といえば未知数です.
しかし,目標を達成できないからといってネガティブな要素ではありません

今後も市場が自然と拡大していくことが予想されるため,しっかりシェアを維持していくことができれば売上高は順調に伸ばしていけるはずです.
シェアを維持していくためには技術力およびサービスの充実が必要不可欠ですが,オリンパスはこれまで医療先進国である日本・アメリカ・欧州でトップシェアを誇ってきた実績とノウハウがあります.よって,東南アジアなどでもこれらのノウハウを活かしてシェアを維持していくことは可能だと思われます.

総合して,安定して成長を続けていく企業だと思われます.

就職先としてあり?なし?

個人的にはありだと思います.

ちなみに,技術開発センターがすべて東京都八王子に集中していますので,東京で働ける数少ないメーカーであります.
(23区内しか東京と認めない方にはつらいかもしれませんが(笑))

上記しましたが,カメラ事業をやりたい方にはおすすめできませんので注意してください.
経営方針として事業自体の見直しに取り掛かっています.

一方で,医療事業に興味がある方かつ東京近郊で働きたい方には超おススメできる企業です.

医療事業でも内視鏡の開発って面白くなさそう・・・
って思う方もいるかもしれませんが,今の内視鏡って本当にすごいです.
先端から針を出したり,切り取ったり,医師が思ったように動くようになっています.
一度オリンパスの製品ページなどをご覧になってみると良いと思います.

また,内視鏡だけではなく,統合的な手術環境の提供なども行っているため,様々な医療フィールドで活躍の機会があると思われます.
ただし,オリンパスの強みは映像で培ってきた技術レベルなため,外科ロボットなどを作製したい場合は他の医療企業のほうがおすすめできますね.

また,平均年収は817万円だそうですので,給料は半端なくもらえること間違いなしです!
オリンパスの年収【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職者【課長・部長】年収推移|平均年収.jp


以上ご参考になれば.
他の企業はこちらから.
k-true.hatenablog.com