読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018卒向け東芝のOB・OG説明会を受けてみた!

大学でOB・OGによる企業説明会が行われ,

その中に東芝のブースもあったので

今何かと話題になっている東芝からどんな説明を受けられるのか興味本位で参加してみました!



まず簡単な企業説明から入り,

いらっしゃったOB・OGさんの自己紹介も行われました.

そして行われる質疑応答( ^ω^)・・・
(うろ覚えな部分は補完しています.正確な回答が知りたければ自分で説明会に参加してみましょう!)


Q.「東芝で働き続けることはできるんですか?」
A.「正直,東芝の看板のもとで働き続けることは厳しいかもしれません.買収案件ももうすぐでまとまりそうですし.


  ですが,仮に東芝でなくなったとしてもここで働いていれば職に困るということはまずないと思います.

  実際に世界最高レベルの技術を有しているのは間違いなく,ここで培った経験というのは必ず他所でも活かすことが可能です」

Q.「転職していっている人はいますか?」
A.「当然ですが,いますね.しかし,みんながみんな転職を目指しているわけではありません」


みたいな感じでしたね.
時間が短かったのであまり質問はできませんでしたが,

まぁ正直社員さんも買収はしゃあないかぁって感じで受け入れている感じでしたね.

社員さんは素晴らしい方で,技術力もしっかり持っているのに
経営に携わる方がダメだとつぶれちゃう典型ですね.


個人的に今東芝半導体部門に入るメリットデメリットを考えてまとめてみました.

メリット

外資系企業で勤めたい人にとってはむしろ朗報なのではないでしょうか(笑)
台湾系になるかアメリカ系になるかは分かりませんが,名目上は外資系企業に勤められます.

NAND型フラッシュメモリでは東芝はトップクラスの技術を持っています.
半導体はこれからまだまだ(少なくとも今就活している人が定年を迎えるまでは)需要が上昇し続けると思います.
ここで一旦技術を身に付けてしまえば職に困ることはまずないでしょう.

日本で働けるかは分かりませんが(笑)

  • 雇用は安定している

東芝メモリ自体はどこに買収されても四日市市に対する大規模投資を以前続けていく方針を打ち出しています.
新たに雇用も創出していくようですし,働き続けることはできるでしょう.
四日市市に縁がある方ならまだまだありな企業でしょう

  • 入りやすい!かも

東芝半導体事業だけでみても1兆円を超える規模の企業です.
そんな企業に今はいとも簡単に入ることができると思われます!
今こんな不祥事がわんさか出てきて先行きが不透明に入りたいと思う方は中々いないですからね.

あえてここで入ってみると,案外昇進できて良いかもしれませんねw

デメリット

  • 先行きが分からない

メリットで色々あげたものの正直どう転ぶかまだ全然わかりません.
買収先企業の鶴の一声であらぬ方向に向かうかもしれません.

  • 世間体が悪い

家族や周りの友人からは「あほやなぁ」と言われること必至です.
そこは覚悟していきましょう


こんな感じですが,正直まだまだ魅力的な企業であることは間違いないですね!!
自分が立ち直らせてやる!がんがん昇進してやるぞ!
みたいなやる気に満ち溢れた方にはとてもいい企業なのではないでしょうか.

ぜひ1度,周りの声にとらわれないで検討してみてください.