【Walking dead season 6】 感想

先日,Huluで配信が開始されたようですので,

 

Walking dead season6

 

を一気見しました!

結構有名な海外ドラマなのでこのシリーズをご覧になってる方も多いんじゃないでしょうか.

 

Season5からのあらすじ・・・・

ようやく発見した自給自足が可能な街「アレクサンドリア」.しかし,今まで壁に囲まれたいわばぬるま湯の生活を送ってきた町の人たちには,外に蔓延る悪人はおろかウォーカーに対してまでも危機感がまるでなかった.

だが,街の指導者の夫がウォーカー(たぶん)に殺害され,リックが改めて現状を再認識するよう説得したことで,街は壁の外に対して危機感を抱きはじめた.

その結果,街の人の武装・訓練を開始するとともに,悪人を入れないために壁の外の人の勧誘を停止した.

 

 

てな感じだったかと(半年ぐらいたってるので怪しいですが笑)

 

 

テーマ

Season6は全体として,

「人は変わることができるのか」

をテーマにしているように感じました.「性善説はありえるのか」とも言えると思います.

 

特に今Seasonはモーガンにフォーカスが充てられており,モーガンの考え方を訴えかけています.

Season3?あたりで一度登場したモーガンですが,当初は家族を失い,自暴自棄になりひたすらウォーカーや人を「Clear」し続けていました.駆除することに生きる意味を見出していたのかもしれませんね.

しかし,モーガンは当時保護観察官をしていた人物に襲いかかった結果,監房に入れられ保護されます.そこでモーガンは何度も彼を殺そうとしますが,彼は職業柄モーガンの本来の性格を見抜き保護し続けます.

モーガンは彼の寛容さに触れるにつれ心を取り戻し,彼と同様の考えを持つようになります.それは

「今はこの環境によって悪人となっているが,しっかり保護し問いかければ善人となる.また,殺したところで心に平穏は訪れない」

といった考えです.(保護観察官は生来の悪人がいることも触れていますが,モーガンはこれをあえて無視しているようです)

 

こうしてモーガンは人殺しをしなくなりました.(Season6の最後でキャロルを守るために一名殺しちゃうんですが・・)

悪人を保護したり,「悪人は殺すべき」とするリック,キャロルとの対立が何度も描かれます.

 

最終的に助けた悪人がドクターを助けたり,別の殺さなかった人物がキャロルの救出を手伝ってくれたりと,あながちこの考え方も否定できない描き方がされています.

 

ぶっちゃけ,あの状況でそんな悠長なこと言ってる暇ないだろうと思ってモーガンが登場するたびにイライラはしてました

 

ただ,あの状況ではなく現代だったらどうなのか?と思うと考えさせられるものがあります.

 

悪人のスケールもグンと下がったものになりますが,まぁ犯罪者や身近にいる嫌な人(やばい人)に対して,受け入れるのか拒絶するのかの選択に似ていると思います.

 

その人は果たして初めから悪人だったんでしょうか.環境がそうさせているのかもしれません.自分が正しい環境を提供してあげれば,善人となりうるかもしれません.

 

拒絶するほうがおそらく楽な生き方なんでしょうけど,

信念をもってそういった人と接していくのは,信条とともにある種生きがいにもなるかもしれませんね.

 

どうであれ,モーガンのように貫くべき信念を持っている人は格好いいですね.

ウォーキングデッドの世界では,やはりいつ死ぬかわからないので,自分が正しいと思った行動をして悔いのない人生を送ることへの執念が強くなるんでしょうね.

それが個々人で違うので諍いの原因となったりするわけですが・・

 

現代でそういった人はどれだけいるのでしょうか.

なぁなぁに人生を過ごしていませんか(ブーメラン)

信念を持ちたいものです

 

 

 

印象に残った場面ごとの感想

・えー!!!グレン死ぬんすか!!!!!!????

まじで死んだと思いました.まさか血を吹きだしたのがニコラスだったとは

あの状況で生き残るとかやっぱりグレンは運が強いですねやばい

主要キャラを死なせてストーリーを畳みにかかってるなと勝手に想像したんですが(笑)

 

・リックバーサーカー

Seasonに1つぐらいあると思うんですが,今回はカールが打たれたことによってイラつきがマックスになりバーサーカーモードになります!

リックはまず死ぬことはないので安心して見れますね!(笑)(モブがやったら死ぬこと間違いなし)

にしてもあの数に斧だけで挑むのは無理すぎでしょ!

 

・サムもうちょいがんばれ・・

子供だから仕方がないのはわかりますが,大丈夫!と決意してからうろたえるのが早すぎる・・・おかげでリックがすきになりかけてた人は死ぬし,その子供にカールは打たれるし,ミショーンはその子供を剣で刺さなきゃいけないし・・

散々でしたね!!はじめ見たときこれ夢オチだなと思いました!!

 

・リックはミショーンへの乗り換えがはやかったね!

 あんな世界なので本能に忠実というか,寂しくて誰かと一緒になりたいのはわかりますが,リックさん・・・・さっき他の人とキスしてましたやん・・

いや死んじゃったからまぁいいのかもしれんけど・・・心変わりはやいね!!

 

 

・最後叩かれたのだれ!!!!?!?!?

まぁたぶんエイブラハムだとは思うんですが

あんなんで思いっきり殴られて耐えられるのって体格的にエイブラハムしかいないですよね(あと何個か死亡フラグあったよね.ユージーンに良いこといったりとか,女の子乗り換えたり.というか最後だから感情移入しやすいように場面増やしてやろう感が)

それにしてもあの場面は怖かった.

リックのどこで選択を間違えた・・みたいな絶望の顔が迫真でした.

 

 

 

まぁこんな感じですかね~

初めて感想書いたんですが,難しいですね.

時間もかかりすぎですし,この文章量で適当なのかもレイアウトがわかりやすいのかもわからない・・

少し勉強する必要がありです

 

早くWalking dead7が配信されてほしいものです!

ではでは!読んでくれた方はありがとうございました!