ブリヂストンの今後-就職先としてあり?なし?【就活・企業分析】

株式会社ブリヂストン

ブリジストンじゃなくてブリヂストン

誰もが知ってるタイヤメーカーですね.
そのシェアはなんと世界No.1です!!

はたしてそんなブリヂストンの今後はどうなのか?

就職先としてどうなのか?

検討していきましょう

ブリヂストンとは?

主にタイヤを製造する世界一のタイヤメーカーです.

設立日:1931年
創業者:石橋正二郎
資本金:1263億円
従業員数:13,620名(連結143616名)
売上高:3兆7900億円

創業者の石橋さんをそのまま英語にしてトーン(stone)とブリッジ(bridge)なので
bridgestone
というのは有名な話ですね.

「最高の品質で社会に貢献」という意志のもと,「誠実協調」「進取独創」「現物現場」「熟慮断行」を企業理念としています.

ブリヂストングループは、タイヤの製造及び販売、タイヤ関連用品の販売、リトレッド材料の製造及び販売、自動車整備・補修などを行う「タイヤ部門」と、化工品、スポーツ用品、自転車、その他各種事業を行う「多角化部門」によって構成されています.
その売上構成比は以下のようです.
f:id:k-true:20170426235834p:plain

やはりタイヤに大きく依存した体質となっていますね.
また,そのシェアを見てみると
f:id:k-true:20170427002015p:plain
世界でトップシェアを誇っていることが分かります.


続いてその業績を見てみましょう.
f:id:k-true:20170427002237p:plain
順調に利益を拡大しています.

なお,これ以前では
2006   2007   2008   2009   2010年
29,912 33,902 32,344 25,970 28,616(億円)
であり,リーマンショックで大幅に減少した売上高を持ち直していることが分かります.

また,売上高の市場別構成比は以下のようになっています.
f:id:k-true:20170427002751p:plain

なんと米国が50%を占めています.
かなり偏った構成ですね.

ブリヂストンの強みはなんといってもタイヤ業界における圧倒的な地位です.
単体の商品に対してこれほどまでに大きな世界シェア,売上を誇っている企業は日本内では他にはありません.

ブリヂストンの今後

ブリヂストンの今後はいったいどのようになっていくのでしょうか?
先ほど挙げられたデータおよびブリジストンの中期経営計画書から予想していってみましょう.
(http://www.bridgestone.co.jp/corporate/library/mid_term/pdf/mid-term16.pdf)

世界におけるタイヤのシェアについてですが,
先行きから言えば間違いなくシェアを落としていくことは間違いないでしょう

市場別売上構成比を上で示しましたが,
日本,米国,欧州で約80%を占めており,中国,アジアなどこれから自動車産業が伸びていく業界において存在感を示せておりません.
逆に,中国やアジアでは中国系や韓国系企業がその圧倒的な安さを武器にシェアを広げています.
f:id:k-true:20170427005321p:plain
(https://reports.btmuc.com/fileroot_sh/FILE/information/110623_01.pdf)

中国系企業が中国内で成長していくにつれ,ブリヂストンの世界シェアは徐々に低下していくはずです.

ただ,ブリヂストンも手をこまねているわけではなく,中国における生産能力の増強を図るとともに,全世界的に「ブリヂストン」のブランドのイメージを高める作戦をとっています

中国系企業が安さで勝負してくるなら,ブランドイメージで対抗していくないという考えですね.
ゴルフや競馬,モーターショーへの出展などで,ブリヂストンのブランド評価額は年々上昇を続けています.

ただ,それでもやはり安さには抗えません.
「タイヤ」という成熟産業において,今後イノベーションが起こるような見込みもなく,ある程度の性能は簡単に新興の中国系企業でもすぐに出せてしまうため,日本やアメリカ,欧州でも徐々に中国系企業にシェアをジリジリと奪われていくことは間違いないです.


今後,中国企業を買収するなりしてなんとか中国におけるシェアを獲得できるかどうかが大きな分かれ目となりそうです.

結局あり?なし?

トップシェアを獲得している以上,今後10年で大きく経営が傾くことはないと思われるため
転職ありきで考えるならありでしょう.

ただ,取り舵を間違えてしまった場合,瞬く間にシェアを中国系に奪われてしまうので,10年以上先も安泰であるかは不透明です.
まさしく今就活しているあなたたちの手にかかっているわけですね.

おひとつおススメしておきたいのが,
大手メーカーの中では数少ない東京で勤務可能なメーカーです.
理系採用された場合,ほとんどが東京あるいは横浜の技術センターに配属となるそうです.

その後のジョブローテーションでどのように回されるのかは定かではありませんが,
基本的に技術センター勤務になることが多いでしょう.


メーカーで働きたい!しかも東京近郊勤務がいい!!
という方にはもってこいの企業です


先行きは少々不安な面がありますが,
ぜひ検討してみてください.

ダイキン工業株式会社の今後 - 就職先としてあり?なし?【就活・企業分析】

ダイキン工業株式会社

空調事業で有名なダイキン

果たして今後どのように成長していくことが見込まれるのでしょうか?
就職先としてありかなしかを分析していきましょう!

ダイキン工業株式会社とは?

創業:1924年
資本金:800億円
従業員数:連結60805人
売上高:2兆円
海外売上比率:75%

ダイキンは空調事業,化学事業,フィルタ事業,油機事業,特機事業,電子システム事業の6の事業を展開しており,その中でも空調事業は売上高の約90%を占めており,自社で空調機と冷媒ガスの開発・生産が可能な世界唯一のメーカーです.
特に産業用空調機業界ではシェア17%を獲得し,
2位のCarrier corporationの13%を抜き1位を誇っています.
産業用空調機業界の世界市場シェア - YouTube




事業全体の売り上げ高はなんと2兆円です.
まさかここまで大きい企業だとは調べるまで思いもしませんでした.

というのもここ最近ダイキンM&Aによって急速に規模を拡大しています
正直えげつないスピードです.

【2011年】

  • トルコの空調機メーカー「エアフェル社」を買収

【2012年】

  • 米国住宅用空調大手「Goodman社」を買収

【2013年】

  • インドネシアの業務用空調機器の販売代理店である「TSP社」を買収

【2015年】

  • 大手化学メーカー ソルベイ社から欧州の冷媒事業を買収

【2016年】

  • 米国のエアフィルターメーカーフランダースを買収
  • イタリアの業務用冷凍・冷蔵機メーカー ザノッティ社を買収
  • 北欧のエアフィルターメーカー ディンエア社を買収

ほぼ毎年どこかしらの企業を買収していますね(笑)
そして売上高は2000年には5000億円だったものが今や2兆円と4倍にまで拡大しています!

f:id:k-true:20170423170726p:plain


こういった買収による事業拡大を進めているおかげでその海外売上比率は75%に達しています.
完全なグローバル企業ですね.
しかもその売り上げ構成比もどこかに極端に依存しているというわけでもなく

  • 日本(23%)
  • アメリカ(27%)
  • 中国(17%)
  • 欧州(14%)
  • アジア・オセアニア(16%)

とバランスよく稼ぐ力を有しています.
とても強固な経営基盤を築いていますね.

ダイキン工業株式会社の今後

まずはダイキンが発表している今後の計画について見ていきましょう.
f:id:k-true:20170423174159p:plain

売上高を現在の2兆円から2020年には3兆円に引き上げる予定をしているようです.
さすがにあと3年でこの目標を達成することは難しいでしょう.

しかし意欲的な数値目標であることに変わりはありません.
あと数年のうちまだ複数社買収する予定なのかもしれませんね.


また,ダイキンは主に

  • 北米空調事業
  • アジア空調事業
  • 化学事業
  • フィルタ事業

を重点戦略テーマとして挙げています.

  • 北米空調事業

北米空調事業は現在も世界の中で最大の空調事業規模を誇っており,北米でシェアナンバー1を獲得することで盤石な経営基盤を形成できます.
しかし,現在のところダイキンは北米でのシェアナンバー1は実現できておりません.
そのため,北米独自の商品開発を行うために北米R&Dセンターを設立したり,スマート化した高品質なサービスソリューションを提供するなどで更なるシェア拡大を目指しています.

  • アジア空調事業

アジア空調事業は今後もっとも有望な成長市場です.
この中でダイキンはすでにトップシェアを確立しています
そのため,今後ダイキンの課題はこのトップシェアである強みを活かして,そのままいかにトップシェアを維持しつつその割合を増やしていくかにあります.

今後の市場拡大を見越して,インドやマレーシア,インドネシア,フィリピンにおける工場の生産能力の増強を予定しています.


  • 化学事業

自動車やICT,新エネルギーなどの伸び筋市場を重点分野として新規参入を目指しています.
実際うまく材料を開発を行え,利益を上げられるかどうかはまだ未知数です.

  • フィルタ事業

アメリカのフランダース社を買収したことにより,量産効果によるコスト競争力の強化および品揃えの拡充などのシナジー効果が期待されており,今後更なる成長が見込まれます.
空調や化学に次ぐ第三の収益の柱としてフィルタ事業を成長させていく予定をしています.


主だって以上の4つを成長戦略の中心においていますが,
化学事業以外は極めて順調に推移していくことが予想されます.
きわめて将来性の高い企業であると言わざるを得ません

ダイキンは就職先としてあり?なし?

結局ありかなしかで言えばありです.

世界最大の市場規模を誇る北米において,グッドマン社買収によるシナジー効果が今後有意に出始めることでしょうし,現地にR&Dセンターを設立することで機動性を高めています.

また,今後成長が著しいアジア地域でトップシェアをすでに誇っていることは企業の安定性をきわめて高くしています.
将来的にはここでのノウハウを活かし,アフリカの新興国においても高いシェアを獲得していけるのではないでしょうか?
さらにある一定の地域に売上高が偏在しない非常にバランスの良い売上構成比は強固な経営基盤を作りあげていることを物語っています.

よって,企業の安定性・成長性の面からみれば圧倒的にありです!

ただし,働き方の面として数多くの課題があることもまた事実です.
就活サイトの口コミ見ている限り,最近の急成長に企業体質が追い付いておらず,
激務であるにも関わらず給与水準はメーカーの中では低い傾向にあるようです.

今後改善されていく見込みは十分にありますが,
安定するまでの今後5~10年は仕事内容に見合わない薄給に耐えなければならないかもしれません.


また,海外売上比率が非常に高くなっていること,世界中にR&Dセンターが設立され始めていることから,海外転勤が大変高い確率で発生することが予想されます
これをプラスととるかマイナスにとるかは人によると思いますが,
現在就活中でダイキンに直接話を聞いて海外転勤はそれほどないと言われていたとしても
あと10年もしたら話は変わって非常に高い確率で世界中を飛び回る必要があるでしょう.

逆にそれだけやりがいのある事業だと言えますが,
海外出張がイヤで日本で穏やかに過ごしたい方にはおすすめできません.

ただし,グローバルで活躍したいんじゃ!!
みたいな方にはうってつけの企業です.
しかももはや日本では数少ない世界で戦っていける企業でもあります.


事業拡大による慢性的な人手不足であり,また空調事業は就活生にとって花形ではないため,就活的には穴場的な企業です.
ご自身の将来ビジョンをよく見定め検討してみください.

マーケットインフラとは?隠れた超優良業界か?【就活・企業分析】

就活生の中で安泰や社会を支えているというやりがいを求めてインフラ業界を目指す方は多いと思います.

でもそういった際に思い浮かぶインフラ業界って鉄道や電力,データ通信がほとんどではないでしょうか?

実はあまり有名でないけれどしっかりと社会を支えているインフラ業界が存在します.

それがマーケットインフラです.

ネットで調べても2chぐらいしかまともにヒットしてこなかったので,
この業界を目指す方たちの道しるべとなるよう書き記します.

マーケットインフラとは??

マーケットインフラ(market infrastructure)とはその名の通り,金融市場を社会に提供・維持・管理していく業界のことを指します.略称マケインです.

みなさん株を買ったり売ったりしたことがあると思いますが,
その売買する場所を提供しているのがマーケットインフラです.
日本の金融市場を支えている業界なわけですね.

その実態は以下の少数企業で成り立っているようです.

これらの企業について詳しく見ていきましょう.

日本取引所(JPX)

これは最も有名はマケインではないでしょうか?

金融商品取引法に基づく金融商品取引所持株会社としての認可を受け、傘下の子会社である東京証券取引所、大阪取引所といった金融商品取引所や、日本取引所自主規制法人日本証券クリアリング機構などを通じて金融商品市場インフラの提供を行う株式会社です。
(株式会社日本取引所グループ | 日本取引所グループ)

その業務内容としては,

  • 上場関連業務

企業への上場を提案しサポートする上場推進,企業の財務状況を確認し上場に値するか検査する上場審査,適切な情報開示や企業行動が行われているかチェックする上場管理,証券市場の機能強化を図るための上場制度設計,社会ニーズに合った新たな市場を作り出す市場創設などが行われています.

  • 市場運営関連業務

公平性・公正性を確立し,投資家が安心して投資できる制度やサービスを企画・立案・整備する取引制度の設計,デリバティブの市場分析及び新商品の企画・立案,インサイダー取引や相場操縦が行われていないか検査する売買審査・売買監理,情報通信技術の発展に追随した高速で信頼性の高い取引システムを製作するシステム開発などが行われています.

  • 情報サービス関連業務
  • 清算・決済関連業務
  • グローバル展開活動

株取引に関する地盤を作り上げるとてもやりがいのある業務内容ですね.
また,採用人数が大変少なく毎年20名前後と言われています.
そのため,少数精鋭で人材を大切にする企業風土のようで,多くのスキルを身に着けることができそうです.

日本証券金融日証金

証券取引所から指定を受け、そこで行われる貸借取引を一手に担う、公共性の高い金融機関です。
主要業務である貸借取引業務は、金融商品取引法に基づく免許を受けた証券金融会社だけに認められており、制度信用取引の決済に必要な資金や株券を証券会社に貸し出しています。
また、個人向けでは、インターネットを活用した有価証券担保ローン業務を展開しています。
(日証金はやわかり | 株主・投資家向け情報 | 日本証券金融株式会社)

証券会社にお金を貸したりと安定した特殊業務を行っています.
こちらも採用人数が非常に少なく少数精鋭で,人材を大切にする風土があるようです.
研修制度の充実ぶりからいってもその力の入れようが伺えます.

また,なんと独身寮が日本橋にあるという化け物っぷり
東京のオフィス街でスマートに働きたいという方にはとてもおススメですね.

証券保管振替機構

証券保管振替機構(以下『ほふり』)は、「社債、株式等の振替に関する法律」に基づいて、主務大臣から「振替機関」の指定を受けています。

※振替機関とは?
「振替機関」は、振替制度を運営します。2009年1月の「株券電子化」以後、国内のすべての上場株式は、「株式等振替制度」の下で管理されるようになりました。この制度では、株主としての権利を、『ほふり』や証券会社等に開設された口座で、電子的な記録として管理しており、株主としての権利の移転(証券決済)も、その残高記録の増減により行います。

ほふり』は、「振替機関」として、この「株式等振替制度」の運営を一手に引き受けています。「振替機関」は我が国では日本銀行と当社の2社しかなく、日本銀行では国債の振替制度を運営しているのに対し、『ほふり』では株式のほかにも、社債投資信託受益権などの振替制度も運営しており、金融資本市場の重要なインフラとして機能しています。
(株式会社証券保管振替機構 | キャリタス就活2018 | 新卒・既卒学生向け就職活動・採用情報サイト)


日本で2つしかない振替機関の1つです!
安定性抜群ですね.

日本相互証券

債券流通市場の整備を図るため、国内大手証券を中心とした約90社の共同出資により誕生しました。国債を中心とする債券取引に特化しており、債券流通市場のなかで中核的役割を担う金融インフラとして位置づけられています。
生命保険会社・損害保険会社・年金基金機関投資家の取引が、証券会社等の店頭を中心に行われる一方で、当社のマーケットは証券会社や銀行のディーラーのみが参加する「業者間市場」であることが大きな特徴です。
(日本相互証券を知る | 採用情報 | 日本相互証券株式会社)

この会社の特徴は1年目から早速デイトレーダーとなって実務にあたることができることです.
また,債権の取引量は約2,424兆円とされており,非常に規模の大きいお金を自分の手で動かすことができます.
日々スリルを求める方にはぴったりの職場ではないでしょうか?

短資(東京短資,セントラル短資,上田八木短資

コール市場などの短期金融市場は、金融商品取引所のような組織的な市場があるわけではないので、金融機関同士で条件が合致すれば取引は成立するが、短資業者を経由した方が取引が成立しやすい上に、取引金利も透明性が高いとされている。
法的には、「主としてコール資金の貸付け又はその貸借の媒介を業として行う者で金融庁長官の指定するもの」として、貸金業の規制等に関する法律の適用を除外されているが、その代わりに、1983年改正前の出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)の部分的な適用を受けることとなっており、監督当局への届出が必要となる。
日本における短資業者の数は、1990年代には7社あったが、現在は、上田八木短資、セントラル短資、東京短資の3社である
(短資会社 - Wikipedia)

要は銀行などの間で資金を融通しあうために間に入る仲介業者ですね.

全国銀行協会

一般社団法人全国銀行協会全銀協)は、銀行の健全な発展を通じてわが国経済の成長等に貢献することを目的に、全国的・国際的なレベルでさまざまな活動を行っており、日本の国内で活動している民間銀行のほとんどが加盟しています。
(全銀協の果たすべき機能・役割 - 全国銀行協会)

日本全体の銀行の管理や折衝を担当し,決済システム等の企画・運営も行っています.
銀行界のドン的な存在です.

日本証券業協会

金融・資本市場は、次代を担う成長産業をはじめとする企業の資金調達の場であり、また、国民の資産運用・財産形成のための場として、企業の成長や国民の生活を支える重要な役割を担っています。
日本証券業協会は、公正で透明性が高く、信頼のできる金融・資本市場の環境作りに貢献しています
協会員である証券会社、銀行、保険会社などの金融機関が遵守すべきルールの制定やその遵守状況の監査などの自主規制業務を行っています。その他にも、市場活性化策の提言、国際会議への参加や海外証券関係団体等との情報交換、金融・証券知識の普及・啓発活動など、幅広い業務を行っています。
(ダイジェスト | 新卒採用情報 | 日本証券業協会)

自主規制ルールの策定,維持が主な業務なようです.
日本全体を取り巻く金融市場を規制するルールを策定するというとても大規模なお仕事ですね.

まとめ

マーケットインフラを形成する企業は以上のような感じでした.
どの企業にも言えることですが,
採用人数がごくごく少数で狙っていけるものではありません.

他にも安パイを用意しておき,
第二志望的に受けてみるスタンスが良いと思います.

多くが東京勤務でき,福利厚生・研修制度がばっちりととても魅力的な業界ではあります.

興味を持った方はぜひ各会社のより詳細な情報を検索してみてください.